埼玉県高校図書館フェスティバルとは

埼玉県の県立高校図書館には、1974年以来、すべての高校(盲学校以外の特別支援学校を除く)に専任・専門・正規の形で司書職の学校司書が配置されています。


しかし2000年、県は司書職採用試験を実施せず、その後の欠員は臨時的任用者によって補充が行われるようになり、2012年までの12年間、採用試験は実施されない状況が続いていました。


そこで、2011年以来3年に渡り、埼玉県高校図書館フェスティバルというイベントを企画し、県民の皆さんに、学校司書の必要性と「人」のいる高校図書館の楽しさを感じてもらうための取り組みを行いました。

県の採用試験が2012年に行われ、2013年に新人の司書を迎えたことから、このイベントにかけるエネルギーを現場の仕事の質を高める方に向けていこうと考え、フェスティバル自体は2013年をファイナルとしていったん区切りをつけました。

なお、フェスティバルの一環としてこれまで行ってきた「埼玉県の高校図書館司書が選んだイチオシ本」については、引き継き私たちの仕事を広くアピールするべく、今後も継続して行っていく予定です。

これまでの埼玉県高校図書館フェスティバル

2013年 Final! 

2013年6月2日 さいたま市浦和コミュニティーセンター
 

2012年 

2012年2月26日 さいたま市市民会館うらわ
 

2011年

2011年2月19日 さいたま市市民会館うらわ
 
 
なお、会の経緯や各回の様子については、国立国会図書館発行の『埼玉県高校図書館フェスティバルに取り組んだ3年間-職種を超えた連携とつながりの中で-』「カレントアウェアネス(CA)」No.318に詳しくまとめてあります。
興味がありましたら、ぜひご覧ください。

メディアに取り上げていただきました! ありがとうございます
メディア掲載履歴 >> 記事詳細
2014/02/17

カレントアウェアネス-R(国立国会図書館)

固定リンク | by:Web担当
埼玉県の高校司書が選んだイチオシ本2013が公開
ありがとうございます。
17:00 | ネット媒体
第1位は
『翻訳できない世界のことば』

 
 



フェスティバルのこれまでの記録
イチオシ本の記録
高校図書館ってこんなところ

提供ありがとうございます

パンフレット制作・印刷協力 


ホームページ サーバ協力



紹介していただきました

オンライン書店 Honya Club 

ご当地本屋大賞ページで
取り上げていただきました

創元社 

HP・メディア情報で
ご紹介いただきました!




このほか、
メディア掲載歴を記録しています。


お問い合わせはこちらへ

ご意見、お問い合わせは
こちらのアドレスへ


shelf_20110219(a)yahoo.co.jp


埼玉県高校図書館フェスティバル
実行委員会事務局で確認の後、
メールにてお返事いたします。

メールの返送には数日お時間を
いただくことがあります。
あらかじめ御了承ください。

カンパのご協力を!

このイベントは手弁当にて運営しています。
皆様の力をください。

1口1000円として、ご協力をお願いします。

【協賛金の振込先】 
 郵便振替 00120-4-730785
 埼玉県高校図書館フェスティバル

お問い合わせは
 shelf_20110219(a)yahoo.co.jp

サイト内の検索