高校図書館の毎日
高校の図書館は、本が並んでいるだけの部屋ではありません。本を介して、あるいは図書館という場の持つ力を介して、生徒の活動を支援しているのです。
 
そんな、高校図書館の毎日をtwitterでツイートしています。ぜひツイッターで@shelf_20110219をフォローしてご覧ください。

このページでは、毎日のツイートをたものをここに再録していきます。これは!と共感できる記事がありましたら、ぜひ、「投票する」をクリックしてみてください。

高校図書館の毎日 >> 記事詳細
2011/02/18

学校図書館も成長する有機体でありたい

固定リンク | by:Web担当

図書館学者、ランガナタンは「本はすべての人のために…、すべての本をその読者に」と図書館五原則の中で述べています。

埼玉の高校図書館の蔵書は平均3万冊以上。宝の持ち腐れにならないよう、展示や広報・口頭での紹介を通し、生徒たちに多くの資料を薦めたいと考えています。

ランガナタンはさらに「図書館は成長する有機体である」と述べています。

学校司書は、ともすると本の整理や貸出などの事務仕事をするだけの人、と思われがちです。でも、実際は生徒を読書に誘ったり、資料展示を通して知的好奇心を刺激したり、資料の提供や使い方の説明を通して授業を直接的に支援したり、教育的な業務にも携わっています。

埼玉の県立高校全校に司書が置かれて30年以上。単なる本のある部屋ではない図書館をめざし、私たちは資料の紹介・授業支援などに視野を広げ、より有効に使える図書館を作ってきました。 もちろん、これからも、時代にあった図書館作りを続けていきたいとも考えています。(m)

23:00 | 投票する | 投票数(6) | 場づくりを支える仕事の数々
44980
第1位は
『翻訳できない世界のことば』

 
 



フェスティバルのこれまでの記録
イチオシ本の記録
高校図書館ってこんなところ

提供ありがとうございます

パンフレット制作・印刷協力 


ホームページ サーバ協力



紹介していただきました

オンライン書店 Honya Club 

ご当地本屋大賞ページで
取り上げていただきました

創元社 

HP・メディア情報で
ご紹介いただきました!




このほか、
メディア掲載歴を記録しています。


お問い合わせはこちらへ

ご意見、お問い合わせは
こちらのアドレスへ


shelf_20110219(a)yahoo.co.jp


埼玉県高校図書館フェスティバル
実行委員会事務局で確認の後、
メールにてお返事いたします。

メールの返送には数日お時間を
いただくことがあります。
あらかじめ御了承ください。

カンパのご協力を!

このイベントは手弁当にて運営しています。
皆様の力をください。

1口1000円として、ご協力をお願いします。

【協賛金の振込先】 
 郵便振替 00120-4-730785
 埼玉県高校図書館フェスティバル

お問い合わせは
 shelf_20110219(a)yahoo.co.jp

サイト内の検索